猫のしつけスプレーとは?選び方と簡単な作り方

2020.7.27 ペットコラム
Pocket
LINEで送る

猫のしつけスプレーは、しつけに役立つ便利なアイテムですが、使い方を間違ってしまうと、逆効果になる恐れもあります。

今回は、そんなしつけスプレーの使い方や選び方、自宅での作り方をご紹介します。

どうしても近寄ってほしくない場所や噛んでほしくない場所にピンポイントで使う方法もありますので、状況に応じて使い分けましょう。

 

1.猫のしつけスプレーとは

しつけスプレーとは、猫が嫌がる匂いが付いたスプレーのことです。

猫を叩くことは厳禁ですので、代わりに猫が嫌いな水を使うことで、しつけを効果的にできるとされています。猫がいたずらをしたときに吹きかけたり、近寄ってほしくない場所に吹きかけたりして使用します。

ただし、猫に直接かけると「飼い主=敵」とみなされる可能性があり、信頼関係が壊れてしまうかもしれないため、しつけグッズとしては賛否が分かれるアイテムでもあります。

猫との信頼関係を壊さないためにも、しつけスプレーを使用するときは、必ず正しい使い方を守りしましょう。

 

2.しつけスプレーの上手な使い方

猫のしつけスプレーは、どのように使用すればよいのでしょうか?

ここでは、しつけスプレーの上手な使い方について説明します。

いたずらする場所に吹きかける

しつけスプレーは、猫に近寄ってほしくない場所に噴射するのが基本です。噛んだり舐めたりしてほしくない場所には、味付きタイプを利用するとさらに効果が期待できます。

ただ、部屋中にスプレーしてしまうと、十分な上下運動ができずに運動不足になったり、爪とぎができる場所がなくストレスがたまるなど、ネコちゃんにとって悪影響となる可能性があります。

しつけスプレーを使用するときは、飼い主さんが猫の習性をしっかりと理解して、自由に行動できる場所を与えてあげることが大切です。

猫に直接吹きかける

しつけスプレーは、直接吹きかけることもできます。姿や顔を隠し、ふんわりと吹きかけるようにすることがポイントです。

面と向かって噴射してしまうと、愛猫との関係が悪くなる危険があるため、直接吹きかける場合は、細心の注意が必要です。

 

3.市販のしつけスプレーを選ぶときのポイント

次に、市販のしつけスプレーを購入するときのポイントをご紹介していきます。

愛猫に合った香りを選ぶ

しつけスプレーの匂いは、猫が嫌がるものでないと意味がありません。

ミントなど一般的に嫌われやすいものもありますが、気にしないネコちゃんもいるため、普段の様子から愛猫が好みそうな匂いは避けましょう。

また、匂いに敏感な人は、しつけスプレーの匂いで具合が悪くなってしまうこともあるため、自身や家族の体質を考慮することも大切です。

噛みぐせ・舐めぐせには苦味があるものを

愛猫がいつも噛んでしまったり、舐めてしまったりする場所には、苦味のあるスプレーを使うと効果的です。

嫌いな匂いが散布されていれば、ある程度の予防にはなりますが、お気に入りの場所では不十分かもしれませんので、念のため味付きのものを使っておくと安心です。

持続性があるのはジェルタイプ

しつけスプレーには、スプレータイプとジェルタイプの2種類があります。

スプレータイプは手軽に使えますが、効果が持続しないため、1日に数回噴射しなければいけません。一方、ジェルタイプはスプレーよりも濃度が高く持続性も高いですが、手で塗布する必要があります。

犬も同居している場合は犬猫用のスプレーにする

しつけスプレーには、犬猫兼用のものもあります。

猫にとって苦手なものでも、ワンちゃんは気にしないことも少なくありませんので、同時にしつけする場合は、兼用スプレーを選ぶとよいでしょう。

 

4.自宅でも簡単に作れる!しつけスプレーの作り方

実は、猫のしつけスプレーは自宅でも簡単に作れます。「市販のものはちょっと。。。」という方は、オリジナルスプレーを自作してみてはいかがでしょうか。

基本的なしつけスプレーの作り方

しつけスプレーの作り方は簡単で、適量の水・アロマオイルをスプレーボトルに入れて混ぜるだけです。

オーガニックのため、赤ちゃんがいる場合などは安心ですが、市販のスプレーと比べて効果が長続きしないのがデメリットといえます。

こまめにスプレーして、猫の嫌がる匂いが消えてしまわないようにしましょう。

手作りスプレーに使える猫が嫌う匂い

柑橘系やコーヒーなど、猫が嫌がる匂いは様々ですが、特に「ミント・ハッカ、お酢」は安全性が高く、猫が舐めても害はありません。

ミント・ハッカは、ミントの葉でも、オイルやエッセンスなど液状のものを使用しても良く、お酢と混ぜてもOKです。

お酢は水500mlに対して大さじ1杯が目安で、猫のおしっこへの消臭効果もあります。

水だけで十分な場合も

猫はもともと水を嫌うため、猫に直接吹きかける場合は、匂いが付いていなくても効果が期待できます。

まずは単純に水だけをスプレーボトルに入れ、効果があるか試してみても良いでしょう。

 

5.まとめ

猫はしつけが難しいといわれていますが、しつけスプレーを上手に活用すれば、いたずらや問題行動を最小限に抑えられるかもしれません。

ただ、しつけスプレーは賛否の分かれるものであり、誤った使い方をしてしまうと愛猫の信頼関係を損ねかねません。

使う際は十分に気をつけ、お互いが快適に過ごせる環境作りを心がけましょう。

タグ : しつけ
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
イオンペット-メモリアルなび

イオンペット-メモリアルなび

大切なペットとご家族が、後悔しないお別れをするための情報をご提供しています。